流季の家 予約制見学会

流季の家 予約制見学会

なぜ今、古民家や町家が人気なのか?

最近、昔ながらの古民家や町家を改装したカフェやショップが人気です。若い人たちの間でもそういうレトロな空間に憧れる人は少なくありません。

普通なら古いものより新しいもの、キズや汚れのないキレイなものを求めるのが当たり前だと思いますが、どうして古民家や町家に私たちは惹かれるのでしょうか。

古い=みすぼらしい、とは限らない

古いものが必ずしもみすぼらしく見えるわけではありません。みすぼらしいと感じるのは時間が経つにつれ「劣化していく」ものだと思います。

反対に古くても時間と共に「変化する」ことで味わいを深めるものがあります。この違いはどこにあるのでしょうか。

新建材と自然素材

プラスチックや人工的に造られた建材を新建材と呼びます。大量生産が可能で画一的な製品なので、戦後の日本でたくさんの住宅が必要だった時代にとても大きな役割を果たしました。その代償としてシックハウス症候群などが問題になったことも事実です。

そんな新建材で量産された住宅が築30年そこそこで解体されて建て替えられたりしています。世界の先進国の住宅に比べて日本の住宅が短命と呼ばれています。とはいえ、30年そこそこで住めなくなるほどの状態になるわけではありません。それなのに、なぜ日本には短命住宅が多いのでしょうか。それは、

わが家がみすぼらしくなったから。

そんな風に感じている人が多いのではないでしょうか。つまり新建材を使った住宅はできた瞬間から「劣化」が始まり、どんどんみすぼらしく感じてしまうのかもしれません。反対に自然素材で造られた家は経年変化をしながら、建てられた当初とは違う表情を見せてくれます。

古民家や町家を活用したお店は自然素材の経年変化が味わいであると感じられ、私たちに癒しや安らぎを与えてくれる空間として人気を集めています。新しく建てられたスタイリッシュな空間とは違う温もりを感じられるのが魅力のひとつだと思います。家づくりを考えているあなたは、

わが家の30年後をどんな風に思い描きますか?

とにかく安価で規格通りの見た目を好むなら、自然素材を使うことはおすすめしません。新建材を中心とする家づくりは初期投資は安く抑えることもできますし、サンプルで見た通りの仕上がりになるので思っていたのと違う、ということもほとんどないでしょう。

自然素材には画一的なものはありません。木目だって塗り壁の仕上がりだって同じものはありません。多少の季節や気候条件によって「変化」するのが自然素材の特徴であり生きている証拠です。その変化を受け入れた人だけが劣化ではなく変化する住まいを手に入れることができます。

ようやくローンを払い終える頃、あなたの家はどんな姿になっていて欲しいですか? 建て替えたくなるようなみすぼらしい家? 癒しや安らぎを与えてくれる温もりを感じる家?

8年目を迎えた経年変化を味わえる家

自然素材の変化を味わえるコンセプトハウスが金沢市の旭町にあります。2009年に新建材を使わず職人さんの手業で建てたその家は今年で8年目を迎えました。

「季節の流れを感じられる生き方、物質的な贅沢さよりも心の余裕を感じる豊かさを大切に暮らして欲しい」というコンセプトから「流季(るき)の家」と名づけられました。もしあなたが、そんな本質的な暮らしを望まれているなら、ぜひ流季の家を体感してみてはいかがでしょうか。

懐かしい、伝統を受けつぐ現代町家

流季(るき)の家は約9割を県産材である能登ヒバやスギを使って建てられました。同じ気候で育った木を住まいに使うことで耐久性が増すというメリットがあります。地産地消の家づくりは住まいにとってもプラスです。

断熱材には羊毛のウールブレスを使用しています。年間通して雨の多い石川県で断熱材による内部結露対策はとても大切だと思います。ウールブレスは構造部分を腐食やカビから守るだけではありません。室内を快適な湿度に保ち、キレイな空気で暮らしたいならウールブレスによる家づくりはおすすめです。

物質的な贅沢さよりも、心の余裕を感じられる豊かさを大切にした暮らし。国産材県産材を中心とする自然素材と職人の熟練した技によって四季の移ろいを感じながら、日本の気候風土に適した現代の町家。そんな流季の家を体感しながら、愛着のわく家づくりについて語り合いませんか。

アクセスマップ

ご予約フォーム

お名前
メールアドレス

受信制限をしている携帯電話のメールアドレスは当社からの予約完了メールが届かない場合があります。お手数ですがご予約の前に当社ドメイン「towakobo.com」を指定受信設定してください。また、ご予約後24時間経過しても予約完了メールが届かない場合はお電話でお申込みいただくかパソコンのメールアドレスで再度ご予約ください。
来場予定日時
  • 09:00
  • 10:00
  • 11:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:00