長寿命な住まいを叶える仕様

高性能で長寿命な住まいを実現するため、耐久性や断熱性に優れた素材・建材を厳選しています。

構造躯体

ベタ基礎

ベタ基礎は基礎の立上りだけでなく底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎシロアリの侵入も防ぎます。

木造在来軸組構造

都和工房の家づくりは昔ながらの木造在来軸組工法を採用。土台・柱にはヒノキを使用しています。湿気に強く腐りにくいヒノキは耐久性に優れており構造材に最適です。

防虫防蟻剤「オクトボー」

オクトボーの成分は天然の岩塩から抽出されるホウ酸で安全な薬剤です。蒸発することがないので体内に吸収されることもなく、住まう人にもやさしい防腐・防蟻処理剤です。発揮性がほとんどなく蒸発しないので、塗布後の効果は半永久的に続きます。

羊毛断熱材「ウールブレス」

ウールは人にとって最も快適な湿度環境を作ります。ウールブレスは断熱材の中で唯一湿気と共存でき優れた調湿性で内部結露とも無縁です。また、カビや腐朽菌が繁殖しにくい湿度環境を保つ特性があり、接着剤を一切使用しないので接着剤から発生するホルムアルデヒドの心配もありません。

樹脂窓「APW」

断熱性能が低い家は夏の暑さや冬の寒さの影響を受けやすくなります。なかでも窓は室外との熱の出入りが一番多い場所。日本で広く普及しているアルミ窓は熱を伝えやすいため室温の上下動が激しくなり、それが原因で健康を害することもあります。樹脂窓なら、高い断熱性能で快適な室内空間を実現します。冷暖房による夏の涼しさや冬の暖かさを外に逃さず省エネ効果や光熱費の節約も期待できます。

内装仕上げ

造作洗面台

水まわりはメーカー製品を採用するのが一般的です。都和工房では確かな技術をもつ職人による造作洗面台を設えます。住まいの雰囲気に馴染んだ趣ある空間となり、心豊かな暮らしに彩りを添えてくれます。

無垢の床

無垢材は天然木本来の美しさや風合い、肌触りが魅力です。断熱・調湿効果に優れ耐久性も抜群。好みに合わせて、いろんな樹種からお選びいただけます。都和工房ではブラックウォールナット、カリン、ヒノキなどを推奨しています。